スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の死。

実家のおばあちゃんにゃんこが、
昨夜亡くなったと連絡をもらいました。

彼女は13歳くらいだったでしょうか。
まだ子猫だった頃に弟が近所で拾ってきて、
そのまま我が家の飼い猫№2になった子でした。

大人になってからはたくさんの子猫を産んで、
そのうち2匹の娘が我が家に残り、
娘達が産んだ子猫達のうち、5匹が我が家で暮らしています。

正月に帰省した折、姿はすっかりおばあちゃんになってしまったものの、
まだまだご飯もしっかり食べている元気な様子に安心していました。

この冬の寒さが体に響いたのでしょうか。
それとも病気だったのでしょうか。
最期は苦しくなかったのでしょうか。

実家の家族が全員で看取ってくれたそうですが、
私は最期の姿を見守ることが出来ず、残念です。

若い頃は一緒にキャンプにも行きました。
年をとってからはすっかり、
我が家の女王の座を娘に譲ったかのように大人しくなり、
若い猫達を見守ってくれていたことでしょう。

彼女は子猫の時に、人間に捨てられたはずです。
ビニール袋に入っていたと聞いているので。
なので、弟に拾われて、我が家で一生を過ごし、
きっと幸せだったことでしょう。
最期も家族に看取ってもらい、
本当に幸福な子だったと思います。

それなのに、
私はその最期にそばにいてあげられなくて、
ただ涙があふれるばかりです。

天国で、数年前に先に亡くなった、
我が家の飼い猫№1にもう会ったでしょうか。
彼は10年の生涯最期の時を、たった一人で迎えて、
朝、家族が見つけた時には、
もう硬直していて目も閉じてあげることが出来ませんでした。

彼が逝ったのも、寒い1月のことでした。
これからは天国で二人で仲良く過ごしてくれると思います。


大切な家族の彼女に、
心からありがとう、と伝えたいです。






こっちん、ミロ子が、天国に旅立ったよ。


いつも投票ありがとうございます。 ↓↓
にほんブログ村 うさぎブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うさぎは寿命が短いですからね。
ミュウもいつか旅立つのかと思うと気が滅入ります。
今は精神的に完全にミュウに頼り切ってるので
急にいなくなるとどうなるか自分でもわかりません。
ペットロスにならないために、2匹目を飼った方が
いいのかなあなんて思ってますが、縄張り意識の
強いミュウは新入りと仲良くできるか不安です。
難しい問題ですね。

ルイさま

私もこっちんが老いていくのが今から心配で、
できるだけ健康に長生きしてほしいと願ってやみません。
私はきっと、こっちんが死んでしまっても、
またうさぎさんと一緒に暮らす生活を選ぶんだろうなぁと思っています。
それだけ、こっちんにはとてもとても癒され、
支えてもらっています。
プロフィール

ちあき まりこ

Author:ちあき まりこ
【同居うさぎさん】
名前    琥珀(こはく)
愛称    こっちん
品種    ホーランドロップ
性別    女の子
お誕生日  2007年8月28日
お迎え日  2007年11月25日

【わたし】
名前    ちあき まりこ
性別    女性
生年月日  1981年7月6日
血液型   B型
生息地域  大阪府
好きな言葉 「もちつもたれつ」

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきゃくさま
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。